【データ復旧実績】NAS BUFFALO TeraStation Living HS-DH1.0TGL RAID5 データアクセス不可 診断結果、HDD4台中3台にキズ! エラー E04 が表示される

NAS, RAID, アクセス出来ない, データ復旧実績

【障害内容】ファームウェア破損?(お客様申告内容)によりアクセス不能 / エラーメッセージ「E04」が表示される

【復旧状況】DISK #1 skip2016 先頭から800MB付近にエラー8セクター / DISK #2 skip256 先頭から400MB付近にエラー30セクター / DISK #3 既に交換済みで100%正常 / DISK #4 skip3840 先頭から400MB付近・500MB付近にエラー合計207セクター の状態から、高性能データ復旧ツールを活用して損傷箇所を含む可能な限り全てのデータを読み取り、HDD4台の複製ディスクを作成。

最終的にデータ領域内のエラーを全てゼロとし、その後RAID5の仮想RAID再構築。

直ぐに仮想RAIDを構築し、論理的復旧にて障害発生前のフォルダー/ファイル構造を維持した状態でのデータ復旧に成功しました。

IMG_5856_mark

【復旧媒体】BUFFALO NAS TeraStation Living HS-DH1.0TGL HDD250GB×4台 RAID5

【希望データ】復旧できる限り全てのデータ

【所要時間】診断:2日 復旧:即日納品(正式受注時、データ復旧作業は先行で既に完了済み)

【データ救出率】100%

【復旧結果】69.5GB 56,227ファイル


【ご注意】高度な専門技術と豊富な経験、そしてクリーンルームやクリーンベンチの完備、高性能データ復旧ツールの導入と活用を必須とするデータ復旧専門サービスは、データ復旧会社の総合的レベルと、担当技術者のスキル・手先の器用さ・根気などによって実際の復旧結果(成功/失敗/対応不可・復旧率・復旧精度・料金・納期等)は全て変ります。

かけがえのない大切なデータや重要データの復旧は、技術・経験・実績が豊富なデータテックへお気軽にご相談ください。

同様の復旧実例

◆ 障害機器の種類で選ぶ

◆ キーワードでサイト内検索

ご依頼・お申込みの流れ

診断・お見積りまで無料、万が一復旧不可能の場合、正式ご依頼後でも作業料金は一切かからない成功報酬制です。

ご依頼・お申込みの流れ ご依頼・お申込みの流れ

◆◆◆ ご都合の良い依頼方法をお選びください ◆◆◆
お急ぎの場合、どこよりも速くて確実な「緊急対応」も可能です!!

ご相談はよくある質問料金のご案内をご確認後お気軽に
お問い合わせ:24時間 365日 受付中お問い合わせフォームへ
電話受付:朝7時~夜11時【年中無休】持込受付:朝10時~夜7時【平日】土日も可