ご挨拶・代表プロフィール

大切なデータを救うため、データテックは常に進化を続けます

弊社は創業から15年の間、数多くのデータ復旧実績を積んで参りましたが、データの重要性やトラブル発生時の緊急性に確実にお応えするため、自社内に高度クリーンルームを完備すると共に、高性能データ復旧ツールや専門設備を海外からも積極的に導入し、北海道内で初めてのデータ復旧専門企業として、各種ハードディスクやフラッシュメモリの物理的障害で正常に動作しない状態からのデータ救出はもちろんのこと、業務に重大な影響を及ぼす可能性があるサーバやNASなどの重度障害からも業界トップレベルの復旧成功率で大切なデータを救出できる体制を整えました。

今後も技術やクオリティ・対応スピードの向上に更に努力し、メーカー様や他社様では復旧不可能だった高難度案件を含め、突然のデータトラブルでお困りのお客様の本当にお役に立ち、デジタル社会のニーズに更なる貢献をしていきたいと考えております。

代表プロフィール1961年 北海道ニセコ町生まれ。幼少の頃からモノを作ったり改良することが大好きで、プラモデル・模型飛行機作りに熱中し、小学5年の時にラジオ組立てキットを作って成功したことがきっかけで電子回路が好きになり、はんだ付けも得意となる。中学・高校時代はアマチュア無線の海外交信(DX)に凝り、DXコンテストに積極的に参加し、最高でアジア一位になったことも。北海道倶知安高等学校電気科卒業後、航空自衛隊 入隊。アマチェア無線で習得したモールスの特技を活かし通信員として従事していたが、当時「パソコン」という言葉が使われ始めたばかりの頃、その可能性と将来性に強い興味を抱き自衛隊を退官。コンピュータ専門学校 電子計算機学科に進学・卒業し、国産パソコンベンチャーとして注目されていたSORDの道内関連会社に就職。東芝グループにて保守サービスを担当し、北海道全域を車で走り回り、パソコンや様々なコンピュータ関連機器の修理経験を多数積む。

2003年、パソコン修理・出張サポート業を創業。NEC・富士通のPCメーカー修理代行業務も受託し、多い日は一日10件以上の修理をこなしていたが、当時どこのメーカー修理もお客様にとって大切なデータが保存されているハードディスクを簡単に交換し、修理に出すとデータは消えて無くなるもの..という認識の時代であった。しかし、当然のように「大切な思い出の写真が消えないように修理して欲しい..」「仕事の大事なデータを何とか救って欲しい..」等の強い要望があり、その切実なるお客様の声にお応えするため、データ復旧技術を試行錯誤しながら独学で体得し、データの復旧を最優先とするパソコン修理サービス『パソコン修理・データ復旧センター』の事業を開始。全国から依頼が増え、札幌市中心部に事業所を開設し法人化。

現在、ハードディスクの重度物理障害まで確実に自社対応できる日本国内でも数少ないデータ復旧専門企業として、日本全国からご依頼のある高難度なデータ復旧のご期待にお応えしながら、志を共にする全国のデータ復旧技術者の方々と研究会を組織し、難しい復旧案件の情報交換や研究発表の他、まだ世界で誰も実践していない新しい復旧技法や効率と精度を上げるための各種復旧ツールを考案するなど、データ復旧技術の向上に努めている。

ご依頼・お申込みの流れ

診断・お見積りまで無料、万が一復旧不可能の場合、正式ご依頼後でも作業料金は一切かからない成功報酬制です。

ご依頼・お申込みの流れ ご依頼・お申込みの流れ

以下のご依頼方法から、まずは「無料診断・お見積り」をお申し込みください

ご相談はよくある質問料金のご案内をご確認後お気軽に
お問い合わせ:24時間 365日 受付中お問い合わせフォームへ
電話受付:朝7時~夜11時【年中無休】持込受付:朝10時~夜7時【平日】土日も可