【データ復旧実績】USB外付けHD BUFFALO 3TB 使用中転倒してデータが読めなくなった 他社復旧不可

USB外付けHD, アクセス出来ない, データ復旧実績, 他社復旧不可, 異音, 認識せず, 転倒・落下・地震・停電

【障害内容】使用中にハードディスクをパタンと倒してしまい、カチカチと異音が出るようになり、アクセスもできなくなった 他社様にて、最終的に「復旧不可能」だったとのこと

【復旧状況】弊社に届いた時点で、フタを開けたかどうか判るようになっている2枚の丸い封印シールは完全に剥がした跡がありました。クリーンルームに入る前に、まずはハードディスク全体と蓋との間の狭い隙間の埃や汚れを静音タイプの掃除機と刷毛を使用して入念に吸い取ります。刷毛は静電気が発生しない材質で、コシの強いタイプや大きなサイズのものを使用します。

IMG_9949

IMG_9952

上の写真は各部クリーニングを実施した後の蓋を開けた状態です。通常プラッタは磁性体の銀色がそのまま見えますが、弊社ではクリーンベンチ内に「ある工夫」を施し、プラッタが真っ黒に見えるようにしています。その状態に明るい光を当てると、下の写真のようにダストや剥がれた磁性体などが一目瞭然でハッキリと見えるようになります。(赤い○印の部分)

IMG_9955

プラッタの裏側の面や下側も独自のアイデアと手法でしっかりとクリーニングを行います。この作業を集中して完璧と思えるまで繰り返します。この結果と精度が復旧成功率や復旧品質を高めるために大変重要なポイントとなります。

IMG_9987

実体顕微鏡でヘッドの表面を確認すると、ヘッドの3番目の表面が損傷していたため部品交換しました。その後、各部を入念にチェックしながら組み戻してデータ復旧専用装置に繋げるとデータが読める状態になりましたが、ヘッドが損傷していた面のプラッタに一部致命的なエラーが発生しており、様々なアプローチでヘッドをコントロールして可能な限りのデータを救出いたしました。

お問合せの段階から、当社へご依頼いただく前の他社様で実際にあった色々な状況をお聞きしておりましたが、お客様が一度は諦めかけていた大切なデータの復旧に無事成功し、大変喜んでいただくことが出来ました。お役に立つことができ、とても嬉しく思います。

【対象機器】BUFFALO製 HD-LC3.0U3/N TOSHIBA DT01ACA300 3TB Apple Mac HFS+

【希望データ】写真(iPhoto), 動画, 他

【データ救出率】99.9% 以上

【復旧結果】写真 約15万枚以上


【ご注意】高度な専門技術と豊富な経験、そしてクリーンルームやクリーンベンチの完備、高性能データ復旧ツールの導入と活用を必須とするデータ復旧専門サービスは、データ復旧会社の総合的レベルと、担当技術者のスキル・手先の器用さ・根気などによって実際の復旧結果(成功/失敗/対応不可・復旧率・復旧精度・料金・納期等)は全て変ります。

かけがえのない大切なデータや重要データの復旧は、技術・経験・実績が豊富なデータテックへお気軽にご相談ください。

◆ 障害機器の種類で選ぶ

◆ キーワードでサイト内検索

ご依頼・お申込みの流れ

診断・お見積りまで無料、万が一復旧不可能の場合、正式ご依頼後でも作業料金は一切かからない成功報酬制です。

ご依頼・お申込みの流れ ご依頼・お申込みの流れ
ご相談はよくある質問料金のご案内をご確認後お気軽に
お問い合わせ:24時間 365日 受付中お問い合わせフォームへ
電話受付:朝7時~夜11時【年中無休】お持込:平日 朝8時~夜8時(完全予約制)