【サーバー即日修理】DELL PowerEdge T105 電源が入らない

DELL PowerEdge T105 Opteronサーバー Windows Server 2003

【症状】常時運用していたサーバーが、朝出社したら電源が切れていた。電源スイッチを入れても、全く電源が入らず立ち上がらない。

DELL PowerEdge T750の故障した電源ユニットを交換

「サーバーの電源が全く入らなくなった」ということで、お持ち込みでの修理ご依頼をいただきました。

本体を開けて各部の動作をチェックし、測定器で各電源ラインの電圧を測定すると、故障原因がすぐに判明… 故障した部品を交換して動作テストをしたところ、問題なく電源が入るようになり、BIOS画面も正常に表示され、Windows Server 2003の起動ロゴとログイン画面へ。ログイン後の簡単な負荷テストでも電源が落ちることはないようです。

サーバー機ということで常時運用を想定して、長時間の連続使用にも耐えられる「高品質」かつ「省エネ」タイプの部品と交換。

同時に、内部に溜まったホコリやゴミを綺麗にクリーニングし、熱がこもったり振動音が出ないように内部配線を整えて動作テストです。

DELL PowerEdge T750 クリーニング前

DELL PowerEdge T750 クリーニング後

通常起動・コールドブート(電源ケーブルを外した状態から付け直して起動)、起動後の負荷動作チェックでも問題なく動作しています。

夕方にお持ち込み頂きましたが、お急ぎということで受付後すぐに修理を開始し、その日のうちに修理を完了いたしました。


カテゴリー: 
タグ: , , , ,
  • ご希望の依頼方法をお選びください

    • 持込受付
    • 宅配受付
    • 出張訪問

    ご質問・ご相談はフォームまたはお電話で

    • お問合せ・ご相談フォームへ