とにかく速くて確実! 技術に絶対の自信があります

データ復旧 認識しない・異音がする等、重度物理障害も札幌市内自社ラボにて迅速対応!!

各種ハードディスク・NAS・サーバー・USBメモリー・デジカメのメモリー・ビデオカメラ・SDカード・microSDカードなどのデータ復旧は、経験と実績豊富なデータ復旧技術者が複数常駐するデータテック株式会社へお任せください。 高難度「HDDの重度物理障害」「古い機種からのデータ救出」「特殊RAID」も、札幌駅すぐ横の自社事業所内にて迅速・確実に対応しております。 他社・他店様で「復旧不可能」と診断されたり、見積金額が高額であきらめていた方もお気軽にお問い合わせください

NAS・RAID復旧

トラブル発生! どうすればいい?

まずは使用を中止しましょう!first_01

突然のトラブルで焦ったり慌てたりするのは当然のことです。しかし、最も重要なのはデータを守ること状態を悪化させないことです。そのためには、まずトラブルが発生した機器の使用を「安全に」中止することが必要です。

パソコン本体やサーバーの場合は、すみやかにシャットダウンする必要があります。シャットダウンができない場合は電源ボタンを数秒間押し続けて電源を強制的に切りましょう。USBメモリーやメモリーカード類は、パソコンやスマートフォンに接続しているならシャットダウン(電源オフ)してから取り外し電源が入った状態では取り外さないようにしてください。NASの場合も、出来るだけ速く安全な方法で電源を停止しなければ状態が悪化しますので注意が必要です。

お問い合わせ・ご依頼の際は、トラブル発生時どのような状況だったのかを出来るだけ具体的お知らせいただくと診断や見積もりの精度が上がります。可能な限り、エラーメッセージ等をメモしていただくか写真に撮ってからご連絡をお願いいたします。

やってはいけないこと

トラブル発生時に以下のような操作を行うと、救出できるデータも復旧不可能になる恐れがあります! 大切なデータを完全な状態で復旧させるためにも、障害が発生したら可能な限り早急にご相談ください。

何度も再起動する
何度も電源を投入すると、OSが自動でHDD内部のデータを上書きしてしまい、障害時に存在していたデータが失われる可能性が高まります。またHDD物理障害が原因の場合は、内部の障害部位が広がってしまいます。
修復をかける・リカバリーを行う
Windowsのシステム領域にHDDの障害が発生した状態で修復を繰り返すと、異常なフォルダ/ファイル情報で上書きされてしまい、フォルダー構造やファイル名が失われてしまう恐れがあります。またリカバリーを行うと、HDD内のデータが上書きされて元のデータが消失してしまいます。
以下のような作業を行うと、USBメモリーの障害状況が悪化し、故障してすぐなら救出できるデータも復旧できなくなる恐れがあります
以下の作業は厳禁!内蔵HDDの状況が悪化し、故障してすぐであれば復旧できるデータも救出できなくなる恐れがあります。

  • 何度も電源を入切する
  • リビルド作業を行う
  • HDDの順番を入れ替える
  • 内蔵HDDを取り出して他のパソコンに繋ぐ
LINEで送る