【ご注意】PC サーバ NAS等が通電中に停電となった場合や転倒・落下した場合

この度の地震で被害に遭われた皆さまに対し、謹んでお見舞いを申し上げます。

 

通電中に停電となった場合や、転倒・落下した場合のご注意

データ復旧事業者の視点から、パソコン・サーバ・NAS等のデジタル機器の転倒・落下や停電時のご注意点や対処方法について記します。何れにしましても、データの損失が確認された場合やその可能性がある場合は、まずは信頼できるデータ復旧専門業者に相談または診断を依頼されることをお勧めいたします。

◆地震による転倒・落下の場合◆
ご注意! 強い衝撃を受けたパソコンやサーバ・NAS等は、通電することによってデータが保存されているハードディスクを故障、または状態を悪化させてしまうことがあります。

通電すると、データの読み書きを行うパーツ(磁気ヘッド)が外れたり変形していた場合、データを記憶するプラッタという部分にキズが入り、データが読み書き出来なくなるばかりか、その後のデータの復旧も非常に困難となります。また、水分や液体がかかってしまった場合も、内部で電子回路がショートした状態となっているため通電すると故障してしまいます。また、ドライヤー等で時間をかけて乾燥させようとしても、内部の基板の状態はほとんど変らないのでそれで直ることはありません。

◆急な停電による、PC・サーバ・NAS等の故障の注意点と対処方法◆
正常に起動しない場合、ハードディスクドライブ(以下HDD)に以下の障害が考えられます。

1. PCB(プリント回路基板)障害
現象: HDDのモーターが回らない
理由: 通電時の過電流による基板の故障
対応方法: 正しい知識と技術があるデータ復旧専門業者でしかデータの復旧はできない。

2. 磁気ヘッド吸着
現象: HDDのモーターが回らない
理由: モーターの回転が急に停止したことで、磁気ヘッドが待機位置へ戻れず、磁気ヘッドとプラッタが吸着してしまうことで起こる。
対応方法: クリーンルーム(または、クリーンベンチ)と専用ツールを本当に完備し、HDD物理障害に関して正しい知識と技術がある本物のデータ復旧専門業者でなければデータの復旧はできない。
※データ復旧業を名乗っていても、高難度障害に正しく対応できる技術者は少なく、本物のデータ復旧技術者は日本国内で20人もおりません(偽りの内容や大袈裟な表現をしている業者にご注意ください)
注意!何度も電源を入れ直したり、長く通電するとプラッタへのダメージが発生し、データ復旧が困難になる場合があります。

なお、サーバ・NASなどについては、不具合の症状に応じた適切な対処をしなければ、最悪RAIDシステム崩壊を招きデータの一部または全てのデータの復旧が不可能となる可能性もありますので、確かな技術と本当の実績があるデータ復旧の専門業者に相談されることをお奨めします。

重度物理障害を含む全てのデータ復旧を北海道・札幌で完結!

※ データ復旧専門 データテック株式会社は、札幌駅すぐのデータ復旧ラボ内に高規格クリーンルームと高性能データ復旧ツールを多数完備し、経験豊富な複数のデータ復旧エンジニアがハードディスクやUSBメモリー等の重度物理障害までを札幌の事務所内にて全て完結することが出来るデータ復旧専門の会社です。(クリーンルーム完備は北海道唯一)

データテック株式会社 データ復旧ラボ

【参考】重度物理障害に対応するための専用設備や技術・知識を持たない他の業者さんは、受付後に本州や海外等にそのまま発送して取次を行っているだけなので、故障したハードディスクの状態が輸送中の振動等で更に悪化して復旧成功率を下げてしまったり、往復輸送日数が余計にかかるため、結果的に長い納期がかかる等の大きなリスクが伴なうようです。


カテゴリー: 
タグ: , , , , , , , , , , ,
  • ご希望の依頼方法をお選びください

    • 持込受付
    • 宅配受付
    • 出張訪問

    ご質問・ご相談はフォームまたはお電話で

    • お問合せ・ご相談フォームへ