【データ復旧実績】内蔵HDD 東芝 dynabook TX/760LS ブルーバックエラーで起動しない

データ復旧実績, ブルーバックエラー, 内蔵HDD, 異音発生, 起動しない

東芝 dynabook TX/760LS PATX760LS Satellite A100 Series PSAA0N-00J008

【症状】電源を入れても、下の写真のように青い画面のエラーが発生し、Windowsが起動しない。本体内部から変な音(異音)が出ている。すでに新しいパソコンを購入済みで、中に入っていた写真やメール、Word/Excel などのデータだけ救出して欲しい。

IMG_3435_resize

IMG_3380_resize

ハードウェア的に何か致命的な原因がある場合に出る、青い画面のエラー(ブルーバックエラー)

IMG_3436_resize

異音が発生していた・・とのことですので、データ救出・復旧作業は特に慎重に行わなければなりません。

まずは、分解して取り出したHDDに聴診器をあてて通電し、モーターの回転とヘッドの状況を瞬時に判断します。結果、ベアリングの磨耗による不安定な回転状況を確認しましたが、すぐに開封する必要はない状況でしたので、データ復旧専用設備にて一番内側のデータの先頭部分からデータイメージの取得を開始します。

回転は多少不安定でデータの転送速度をみても安定はしておりませんでしたが、イメージは確実に取り込みが出来ている状況です。データ領域の部分を何とか取り込むことができれば、データを修復して復旧は可能です。

全体の54%までイメージ取得した段階で、かなり異音が激しくなり状況が悪化し始めたので強制的に通電をストップし、その時点で修復操作をして内容を確認したところ、お客さまご希望のマイドキュメントとデスクトップ、Outlook Expressの全データ、アドレス帳は無事に救出できていることを確認し、お客様に内容確認していただいたところ、全く問題なくデータが取れている・・とのことで、大変喜んでいただけました。


【ご注意】高度な専門技術と豊富な経験、そしてクリーンルームやクリーンベンチの完備、高性能データ復旧ツールの導入と活用を必須とするデータ復旧専門サービスは、データ復旧会社の総合的レベルと、担当技術者のスキル・手先の器用さ・根気などによって実際の復旧結果(成功/失敗/対応不可・復旧率・復旧精度・料金・納期等)は全て変ります。

かけがえのない大切なデータや重要データの復旧は、技術・経験・実績が豊富なデータテックへお気軽にご相談ください。

◆ 障害機器の種類で選ぶ

◆ キーワードでサイト内検索

◆◆ご依頼の流れ◆◆

最終的に残念ながらデータ復旧が不可能だった場合、使用した部品代を含め、料金は一切かからない『完全成功報酬制』です。

ご依頼・お申込みの流れ ご依頼・お申込みの流れ
ご相談は よくある質問と回答 料金のご案内 をご確認後お気軽に !!
お問い合わせ: 24時間 365日 受付お問い合わせフォームへ
電話受付: 24時間 365日 受付電話混雑時は「お問い合わせフォーム」から