【データ復旧実績】hp サーバー StorageWorks X510 Data Vault データにアクセスできない

RAID, アクセス出来ない, エラーアラート, サーバー, データ復旧実績, 本体故障

【障害内容】Windows Home Serverの管理画面で「ネットワーク危険」「DE Secondary Volumeという名前のボリュームでエラーが発生しています」と表示が出て、該当ディスクの状態が異常表示に / ディスクの修復を選択しても「Windows Home Serverの記憶域マネージャーで予期せぬエラーが発生」の表示が出て、保存していたデータにアクセスできなくなった

【復旧希望データ】大量の写真データ(Nikon *.NEF / Canon *.CR2 / JPG)、他

18364

【対象機器】hp DATA VAULT StorageWorks X510 1.5TB×2台 2TB×2台 クローンディスク設定(Seagate ST31500341AS 1.5TB×2 / Western Digital WD20EARS 2TB×2)

【復旧結果】2TB HDDの1台に不良セクター多発(下の写真の赤い部分)による物理障害、及びサーバーエラー発生

hp_X510_2TB

1.5TB HDD 1台でもBADセクター1箇所確認

hp_X510_15TB

高度データ復旧設備を使用して不良HDDのヘッドを制御して何度も正方向・逆方向からリードリトライを繰り返し、大量のBADセクター部分から可能な限りのデータを救出。最終的に全体の99.99%のディスクイメージの取得に成功。仮想環境内でエラー検査をしながら、合計約3.4TBの画像データの復旧に成功。

この世代のWindows Home ServerにはHDDの空き領域に自動でファイルのコピーを作ってくれるDrive Extender(ドライブエクステンダー)という機能がありますが、ご依頼の機器は保存データ合計サイズがHDD合計容量の半分にあたる3.5TBに差し掛かっていたためにクローン機能が無効になり、その状態でHDDの故障が発生し、故障したHDDに保存されていた分のデータが完全に読めなくなっていました。

【データ復旧率】99.99%

同様の復旧実例

障害機器の種類で選ぶ

ご依頼・お申込みの流れ

診断・お見積りまで無料、万が一復旧不可能の場合、正式ご依頼後でも作業料金は一切かからない成功報酬制です。

ご依頼・お申込みの流れ ご依頼・お申込みの流れ

以下のご依頼方法から、まずは「無料診断・お見積り」をお申し込みください

ご相談はよくある質問料金のご案内をご確認後お気軽に
お問い合わせ:24時間 365日 受付中お問い合わせフォームへ
電話受付:朝7時~夜11時【年中無休】持込受付:朝10時~夜7時【平日】土日も可