【データ復旧 成功実績】Linux CentOS 内蔵HDD WesternDigital WD10EARS×2台 ソフトウェアRAID1 マウント不可 IOエラー 他

アクセス出来ない, エラーアラート, サーバー, データが消えた, データ復旧実績, 内蔵HDD, 認識しない, 起動しない

【障害内容】Linux CentOS 内蔵HDD IOエラー / #1マウント不可 / #2 物理動作不安定

【復旧状況】各ハードディスクにて重度物理障害および中度物理障害が発生していた状況から、HDD #1 の基板故障を修理、HDD #1・#2 の一部不良セクター発生による物理損傷から、それぞれ可能な限り最良のデータ復旧を行い、最終的に重度損傷約1.7MBを除く99.99%以上のデータ救出に成功。

救出・復旧データを全て保存し、その他論理復旧による削除済み/欠損データ復旧の結果と共に納品。

【復旧媒体】HDD WesternDigital WD10EARS ×2台 Linux CentOS ソフトウェアRAID1

【希望データ】Word, Excel, PDF, 画像, TIFF 他

【障害レベル・容量】レベル3・4 物理障害 重度・中度 1TB

【データ復旧料金】「料金のご案内」をご覧ください 「完全成功報酬制 & 最良結果保証」

【所要時間】診断:1日 復旧:3日

【データ救出率】99.99%

【復旧結果】239GB 394,717ファイル


【ご注意】高度な専門技術と豊富な経験、そしてクリーンルームやクリーンベンチの完備、高性能データ復旧ツールの導入と活用を必須とするデータ復旧専門サービスは、データ復旧会社の総合的レベルと、担当技術者のスキル・手先の器用さ・根気などによって実際の復旧結果(成功/失敗/対応不可・復旧率・復旧精度・料金・納期等)は全て変ります。

かけがえのない大切なデータや重要データの復旧は、技術・経験・実績が豊富なデータテックへお気軽にご相談ください。

◆ 障害機器の種類で選ぶ

◆ キーワードでサイト内検索

◆◆ご依頼の流れ◆◆

最終的に残念ながらデータ復旧が不可能だった場合、使用した部品代を含め、料金は一切かからない『完全成功報酬制』です。

ご依頼・お申込みの流れ ご依頼・お申込みの流れ
ご相談は よくある質問と回答 料金のご案内 をご確認後、お気軽に !!
Web受付:24時間 365日【年中無休】お問い合わせフォームへ
電話受付:24時間 365日【年中無休】店舗受付:平日 10~19時 (土日も稼働)